本文へスキップ

地球環境にやさしい高品質な表面処理製品を提供

TEL. 048-225-4511

〒332-0001 埼玉県川口市朝日5-4-18

新着情報・FAQQUALITY

品質保証

お客様にご満足いただける品質を実現するために、高度な分析機器による正確で迅速な情報を提供いたします

EDX(エネルギー分散X線マイクロアナライザー)やSEM(走査型電子顕微鏡)等を用いて、めっき被膜の組成や結晶状態を確認いたします。表面処理状態を的確に見極める分析機器を多数設置することで、品質管理体制の強化に取り組んでいます。
また、「ISO9001」と「ISO14001」を維持することにより、更なる品質の向上にも努めております。


高品質製品をタイムリーに提供

★.品質方針

顧客の信頼と満足を得る高品質製品をタイムリーに提供する。
常に新技術の開発・改善に努め、高品質製品の生産に徹する。
技術力・生産力・営業力等の総合的な企業能力の向上を求めて、継続的改善に努める。

●顧客の信頼と満足を得る高品質製品をタイムリーに提供すると共に、常に新技術の開発・改善に努め、高品質製品の生産 に徹しています。
●表面処理を的確に見極める分析機器を多数設置することで、高品質な製品を安定的に提供し、つねにチェック体制の強 化に取り組んでいます。
●顧客や市場のニーズに応えるために活用できる品質マネジメントの運営、環境に配慮したマネジメ ントなど、弊社で 取得した「ISO9001」と「ISO14001」を維持することにより、さらなる品質向 上に努めています。
 当社では、ISO取得として高品質な製品を心がけています

★.環境方針

常木鍍金工業株式会社は、地球環境の保全が人類共通の重要課題の一つであることと認識し、当社事業活動の全ての面で、常に環境影響に配慮した活動を努めます。

当社は、環境保全の重要性を認識し、環境汚染を防止するためめっき加工の事業活動及び加工製品が環境に与える影響を的確に捉え、「環境目的・目標」に従い、全社員で環境活動に取り組みます。

★. 常木鍍金工業(川口工場・技術研究所)はISO9001、ISO14001の認証を取得しております。

○○○○○○○○イメージ

「ISO9001・ISO14001」

ISO 9001は製品の品質保証を通じて、顧客満足向上と品質マネジメントシステムの継続的な改善する国際規格です。

ISO 14000は環境マネジメントシステムに関する国際規格の総称。
環境ISOと称呼するときの「要求事項」を定めたのがISO 14001です。

検査手順

● 外観検査

めっき処理が完了したものは、全体の目視確認と顕微鏡での表面状態を観察いたします。
目視では合格レベルでも顕微鏡で観察すると異常が確認されることもあります。
精密部品など、目視では見れない小さな未着やフクレ・剥離・ピットに異物付着などを
顕微鏡で外観検査します。 倍率8〜40倍の顕微鏡でより、小さな不良を見つけ出します。

● めっき膜厚 蛍光X線膜厚計

○○○○○○○○イメージ

めっき処理を施した層の皮膜の厚みを計測する装置。
X線管より発生したX線を製品(試料)に照射して、
2次的に発生する各元素特有の波長をもった蛍光X線膜厚計を計測管でスペクトル分析、またその各スペクトルにより元素が特定できるうえ、各元素の質量・濃度や膜厚が換算できます。

当社では蛍光X線膜厚計を日立製とフィッシャー製の各機を保有しておりますので、例えば、お客様が保有している膜厚測定器のメーカ製に合わせた機器での測定もいたしております。

● 密着試験・耐熱試験

○○○○○○○○イメージ

曲げ・つぶし試験を行いますが、、製品形状や材質、またお客様との取り決めなどで目的により密着試験法を選定しております。曲げ試験では、製品を規定の角度になるまで曲げ、つぶし試験ではペンチでめっき表面をつぶして、その箇所部を顕微鏡観察することで、剥離やひび割れを確認する。また、お客様との要望により碁盤目試験やテープ試験等でめっき処理面に剥離がないかの確認もいたします。

熱衝撃による表面状態を確認、めっき製品を加熱急冷する熱衝撃によって,めっきの密着性を調べる試験方法です。

● 耐食性・半田ヌレ性試験

○○○○○○○○イメージ

耐食性試験のなかで代表的なひとつに中性塩水噴霧試験があります。大気内での経時腐食を対象にした試験です。試験機内に塩化ナトリウム溶液を試験品に噴霧して耐食性をはかる試験の一つとして製品の経時変化における腐食や錆などの発生における耐食性を調査いたします。また、顧客様の要望に応じて半田性による半田ヌレ性試験も実施させていただいています。

● めっき処理の合否判定

○○○○○○○○イメージ

製品受入れ毎にお客様の品質試験成績表の発行
その内容に沿った検査手順ににより検査試験内容を記入、
膜厚測定数値・外観・密着度の合否判定を記入いたしまして、
お預かりしている製品(めっき完了品)とともに
お送りさせていただきます。



1.外観    □目視    □顕微鏡

2.めっき膜厚 □蛍光X線 

3.密着度   □曲げ試験  □テープ試験

        □つぶし試験 □碁盤目試験

分析機器・検査機器

●当社では、製品の信頼性確保にさまざまな分析機器にて対応しております。

  設備名   形式  主な分析内容
 走査型電子顕微鏡(SEM)  VE-7800 (キーエンス)  金属の結晶状態・表面状態の観察
 高精細デジタルマイクロスコープ  VHX-5000 (キーエンス)  付着物の確認・断面状態の膜厚の測定
  塩水噴霧試験機  
SQ-1000-ST(板橋理科工業)
  金属材料・めっき皮膜・塗装皮膜を施した部品・製品の耐食性を評価する機器
 試料自動研摩・琢磨機 ラボフォース-3
(丸本ストルアス)
 製品の断面埋め込み研摩
 ICP分析装置  SPS-7800 (日立ハイテクサイエンス) めっき液金めっき液金属分濃度分析属分濃度分析
紫外可視分光光度計  UV-1800(島津製作所)  めっき液金属分濃度分析
 赤外線水分計  FD-610(ケット科学研究所)  封孔処理液の濃度分析
 蛍光X線分析  SFT-110 FT110A
  (日立ハイテクサイエンス)
 XDLM237
(フィッシャー・インストルメンツ)
 
 めっきの膜厚測定
 渦電流式膜厚計  DUALSCOPE MP0R (フィッシャー・インストルメンツ)  塗装・アルマイト被膜の膜厚測定
実体顕微鏡 SZ61  (オリンパス)
KIEU-Z3  (京セラ)
 めっきの表面状態
 自動滴定装置  COM-1750(平沼産業)  めっき液の分析機器
 エネルギー分散型X線マイクロアナライザー(EDX)  EMAX-5770W (堀場製作所)  めっき部の拡散状態・組織・付着物の組成
 オージェ電子分光分析  AAS-2000 (日電アネルバ)   めっき部の拡散状態・組織・付着物の組成
 アイピーレス外観検査顕微鏡  リンクスステレオダイナスコープ(日本ビジョンエンジニアリング)
マンティスエリート
 
(日本ビジョンエンジニアリング)
 表面状態の観察

*耐食性が高い・密着性が良いこと・めっきの皮膜が一定につきまわっていることが、
一般的に良いめっきとされてますが、製品を外観だけては判定できない性能面につきましも、
弊社ではさまざまな分析機器にて信頼性確保に努めています。

バナースペース

常木鍍金工業株式会社

【川口工場】
〒332-0001 埼玉県川口市朝日5-4-18

TEL.048-225-4511 FAX.048-225-4350


【技術研究所】
〒332-0001 埼玉県川口市朝日5-3-13

TEL.048-229-4611 FAX.048-229-4612

    
    【2020年9月 営業日】
     【2020年10月 営業日】
  【2020年の営業日年間カレンダー】
  こちら⇒