自己潤滑性と低接触抵抗を兼ね備えているため、スパークによる接触不良・磨耗による耐久性の低下など摺動接点部品の持つさまざまな問題点を解決します。

 潤滑Auめっきは、弊社の潤滑めっき(無電解Ni+PTFE含有)を下地めっきし貴金属(Au)を行ったものです。右図のような構成になっており素材・銅・銅合金はもちろんSUS材・AL材・プラスチックなどの非金属材にも下地めっきを施す事によりめっきが可能。


特徴@  自己潤滑性を持つ
 1. 磨耗係数が低いためAu磨耗量が低くAuめっき厚みの低減がはかれる
 2. 極小部品、極薄部品に対しトルク低減に効果がある。
 3. 部品同士が絡み合う形状(スプリング)に対し、ほぐれやすく有効です
 4. 部品摺動時は摩擦係数が低いため安定した接触抵抗値が得られます
特徴A  静電気を帯びない・ 耐食性に優れる
 1. ゴミや汚れを寄せ付けませんので接触不良防止対策になります
 2. 撥水性があり水分を寄せ付けず耐食性があります。

用途@ スプリングプローブ・コネクタ
 1. 摺動時の摩擦係数の低さから耐久時に安定した接触抵抗と耐久回数の増加が図れます
 2. 挿抜の繰り返しにもスムーズな作動が得られ、また摩擦係数が低いためAu磨耗量が少ないためAuめっき厚を低減   し安定した接触抵抗値が得られる。
用途A スプリング・ICテスター(コンタクトピン)
 1. 安定した接触抵抗値・作動時のきしみ音・絡みやすい形状には絡み防止となります。
 2. 半田転移が少なくテスターの寿命が長くなります。
用途B 従来の金めっき品
 1. Auめっき磨耗の問題からめっき厚付けを行っていた製品を、潤滑Auめっきを行うことでめっき厚の削減(コスト   ダウン)耐久性の向上の両立。